株式会社グローバル・コミュニケーションズ



[お話いただきました]
常務取締役
笹谷 努 様

自社の強み(特徴的な技術や製品)についてお聞かせください。

当社は、「すべての人が IT の恩恵を享受できる社会づくりに貢献する」を企業理念に誰もが使いやすい IT システムの開発を行っております。創業時からパソコン教室を開設し、パソコン利用を困難に感じている方たちと身近に接してきました。そんな中、手が不自由な方や体が動かせない方の意思伝達に IT を使えないかと考え、「絆シリーズ」として販売中のデジタルペンに出会う事で本格的なシステム開発をスタートして自社製品として販売に至りました。特に筆記内容をデジタルデータ化する事で大幅な業務効率の改善を図る「コミュニケーション支援プラットフォーム 絆 Ver2.0」は幅広い分野でご利用いただいております。

当社はお客様のニーズに合わせた業務系・情報系・組込系システムの設計、開発、構築、運用管理までをトータルにご提供するシステムの受託開発や創業時から続く人材育成事業、エンジニアやプログラマなど高い技術力を持った人材の派遣事業などを行うかたわら自社製品へのフィードバックに期待をかける保育事業や配食サービス事業も展開しております。

函館地域にもっと増えてほしい業種・業態の企業はございますか

函館の魅力をうまく発信して、国内の他地域や海外に売り込めるように協業できるIT企業や、ITのコンサルティングで首都圏にチャネルを持ちながら、函館で仕事をする企業や個人の方に増えて欲しいと思います。企業が単独で売り込むよりもオール函館として当たり、各々得意分野が活かせるようモノづくりとITが連携することで、スタッフ適正や経験に合わせて企業間の移動もスムーズにできるような仕組みがあれば理想的だと思います。

函館地域の支援機関からのサポートに満足していますか

社屋建設への助成や大規模展示会への出展費用助成など、函館から全国へ、当社の取り組みや魅力を発信するためのサポートが充実していると思っておりまして、今後もこうした施策を継続していただければと考えております。

函館地域で事業を行う上でのメリット・デメリットを教えてください

メリットとしては函館に所在する企業だと説明をした時の反応が良いところです。

首都圏の企業様とのお仕事についても地域的なデメリットを感じることは有りません。昨今ではテレビ会議システムの利用で作業についてのミーティングにも不自由を感じることが無くなっていると感じています。

今後の展望について、お聞かせください。

IT分野は働く場所に依存しないので、函館地域の暮らしやすい環境を活かしながら雇用を拡大したいと考えております。受託開発をメイン業務としながら、自社製品開発のスタッフを充実させて、IT化が進んでいない分野で、業務軽減に向けた製品を普及させたいと考えています。
また、そうした取り組みで函館には、面白いことをやってる会社があると評価され、函館に貢献できる会社でありたいと思います。

IT企業でありながら保育事業も手がけていらっしゃいますが

当社運営の保育園は、当社の社員の働きやすさに貢献する福利厚生としての役割と不足する保育士さんの業務内容を知ってシステム開発に役立てたいという二つの側面を持つもので、現在も登園時の顔認証をAIロボットで実用化するといった開発を行なっているところです。おかげさまで現在は定員が埋まっている状況ですが、当社協力企業としてご登録いただければ提携保育園としてご利用いただけますので、求人などに役立てていただけるものと考えております。

※2020/2/18取材

ご紹介企業基本情報

社名
株式会社グローバル・コミュニケーションズ
所在地
〒041-0801 函館市桔梗町379-16
☎︎0138-34-5566 FAX:0138-34-5577
e-mail
t-sasaya@hakodate.fm/
URL
http://www.global-communications.jp/

会社概要

代表者名
代表取締役社長 笹谷 隆
設立年月日
1999年4月19日
従業員数
93名
資本金
3,600万円

主要製品・サービス

  • 受託システム開発
  • コミュニケーション支援プラットフォーム 絆 Ver2.0

主要取引先

内閣府・北海道・函館市・乙部町
㈱エスイーシー・NECソリューションイノベータ㈱・北ガスサービス㈱
㈱英揮情報システム・㈱インテリジェントウェイブ

関連会社

㈱GCNetソリューションズ
㈱ライズ・マーケティング・ジャパン
一般社団法人コミュニティほっかいどう