港湾

函館フェリー乗り場国際航路を有し、 北海道と本州を 最短航路で結ぶ大海路


 函館港は、北海道と本州を結ぶ物流の拠点として、民間フェリー会社により青森との定期航路などが運行されています。
 また、津軽海峡に面し、大型貨物船舶が接岸可能な水深14m岸壁や大型クレーンを備えたコンテナヤードが整備され、中国(寧波・上海)や韓国(釜山)などとの間に国際定期コンテナ航路も開設されています。

函館港から各港湾への所要時間

フェリー時刻表の詳細はこちら
・津軽海峡フェリー(株)
・青函フェリー(共栄運輸(株),北日本海運(株))
コンテナ航路の詳細はこちら
・函館港港町ふ頭コンテナヤード

函館港湾クレーン写真国際物流、大型貨物の 物流に有利な 港湾関連用地があります。


 他の輸送手段と比べコストの低い海運は、大量・長距離輸送の主軸。
 道南唯一の多目的国際ターミナルとして、5万トンの貨物船が係留でき、国際コンテナ航路が開設された函館港。
 この国際ターミナルやフェリーターミナルに隣接している港町ふ頭内に東京ドーム6個分の広さを誇る港湾関連用地を設けております。
 また、この港湾関連用地に工場や国際物流施設など立地し、雇用増などの要件を満たした場合、土地取得費用も含めた投資額の最大25%の助成制度も用意しております。

用地の詳細はこちら
・函館港港町ふ頭港湾関連用地
・函館市の優遇制度

ページトップへ