ワーケーションという働き方改革の拠点として

観光地で、くつろぎながら仕事する。新しい働き方が提案できます

転地効果による生産性の向上やBCP対策としての地方型サテライトオフィスの候補地としても最適です。
ワークライフバランスの実現とともにリピーターの多い観光地ならではの長期研修や中長期にわたる研究開発などにも効果的な場所ではないでしょうか。

有給休暇の取得に罪悪感がある人の割合

有給休暇の取得に罪悪感がある人の割合

※[エクスペディア・ジャパン]「有給休暇に関する意識調査」より

「働き方改革」の第一歩 意識改革へ

仕事の無駄を減らす意識で、現在の働き方を見直し、人材の確保に困る状況を改善。時代にあった働き方という視点を取り入れ長期的な成長を目指してはいかがでしょうか。

公共・民間による施設の利用も可能

We'll-Being コワーキングスペース函館 

意識改革には環境が重要です

函館には通年で利用可能な魅力的な民間オフィスが多数あります。さらに対象期間中(2020/7/1-9/30)は、テレワークができる場所として整備された市営スペースを無償利用できます。

※対象期間については、新型コロナウイルスの状況により中止・延期の可能性がございます。

市区町村魅力度ランキング

※調査:(株)ブランド総合研究所

市区町村魅力度ランキング(地域ブランド調査2019)

市区町村の魅力度調査の結果、函館市が53.7点で2年連続の1位となりました。また函館市は、魅力度以外にも観光意欲度で1位、産品購入意欲度で4位になっているほか、イメージ想起率で1位となっております。