海産物

道内における主要魚種の漁獲量グラフ函館地域の漁業

 函館市は、日本海と太平洋を結ぶ津軽海峡に面し、三方を海に囲まれ、古くから水産業を基幹産業として発展し、大正時代から北洋漁業の基地としてめざましい発展をしてきました。しかし、諸外国の200海里規制の強化に伴い、遠洋漁業から沖合・沿岸漁業へと漁業形態が変わってきました。

平成16年12月には、水産業を基幹産業とする周辺の3町1村(戸井町・恵山町・椴法華村・南茅部町)と合併し、函館市は、道内有数の水揚げを誇る水産都市となりました。なかでも、スルメイカ・昆布・マグロは水揚量・水揚高ともに全道で1位となっており、タラ・タコ・ウニについても全道でトップクラスとなっております。特に、昆布は全国の水揚量の約2割を占め、全国トップクラスにあります。[※函館市農林水産部水産課]


 道南周辺海域は、日本海を北上する対馬海流と南下するリマン海流、そして広大な太平洋を親潮(千島海流)が周辺海域に流れ込んでいる。魚道や昆布等の藻場、ウニ・アワビ等の採貝漁場などの優良漁場を形成しており、全国でも有数の漁業生産量を誇っています。
変化に富んだ海岸線と、日本海を北上する対馬海流と南下するリマン海流、太平洋からの親潮(千島海流)といった3つの海流が道南周辺海域に流れ込むことにより、比類なき豊かな海の生態系が育まれており、日本海のイカ、サケ、マス の漁船漁業とウニ、アワビの浅海漁業、津軽海峡から太平洋にかけての昆布養殖と各種刺し網、内浦湾でのホタテ養殖と多種多様な漁業が函館市と周辺地域で営まれています。

函館市の魚「イカ」

イカ写真 イカ類合計では、道内では函館市が道内有数の漁獲量を誇ります。全国の2004年イカ類漁獲量346554tうち、道内は72558t。函館市は27796tで道内ではダントツの1位です。そのイカを原料にしてつくられる「さきイカ」「イカ塩辛」など、イカ珍味加工品の生産地として有名です。
 また、夏から秋にかけてイカ釣り漁船の「漁火(いさりび)」は、函館の夜景をさらに彩る素材となっているほか、新鮮なイカを原料とした「イカ刺し」「イカソーメン」は、観光客の味覚を満喫させており、貴重な観光資源の一つとなっています。

  このように「イカ」は函館市と深いつながりがあり、平成元年8月1日に函館市の魚として制定され、函館市のシンボルとして親しまれています。渡島半島沖、津軽海峡に浮かぶ夜のイカ釣り漁船の明かりは、いまや名物の一つになっています。

昆布

 日本の昆布生産量は約12万トンであり、その中でも約35%が養殖です。
 天然物の国内生産量の95%以上が北海道で生産されています。青森、岩手、宮城県の東北3県では5%前後となっています。寒流系の褐藻類である昆布は、日本では宮城県以北の太平洋岸と北海道全域に分布し、とくに北海道が主産地となります。

北海道内こんぶ漁獲量ランキンググラフ
※資料:北海道水産現勢
昆布写真

函館真昆布

 函館でとれる昆布といったら、まずは函館真昆布。産地によって白口、黒口、本場折の3つの銘柄に分けられます。甘みのある良質な澄んだ出汁がとれ、昆布の中でも高級品です。
  函館真昆布は、採れた場所によって銘柄が決まります。西部から汐首岬までの昆布は本場折昆布。汐首岬から恵山をぐるっと回って銚子岬までの昆布は黒口浜昆布。銚子岬から噴火湾方面の昆布は白口浜昆布。食べ比べてみると味の違いがわかります。

がごめ昆布

 最近、大注目のがごめ昆布。世界中の海でも唯一函館周辺が限られた生息域であることから、貴重な地元の資源として「宝物」的な海藻となっています。特徴のあるでこぼこ模様が「籠の目」に似ているところから、「かごのめ」→「かごめ」→「がごめ」と呼ばれるようになったと言われています。
  がごめ昆布には、抗がん作用や血圧降下作用のあるフコイダンという物質が含まれています。この物質は真昆布などにも含まれていますがより良質なものが多く含まれているために注目されているのです。がごめ昆布は、真昆布に比べると堅く、粘り気が強いという特徴があるのでとろろ昆布などに加工されて食べられていますが、その他にも醤油やキャラメルなどの食品のほか、高い栄養価を生かした健康食品、またその高い保湿力を生かした化粧品にも応用されています。

 

海産物はこちら
  農産物はこちら
  畜産物はこちら

ページトップへ